エストロゲンを増やす方法で美貌をゲット|体の中から健康改善

女性に多い冷え

脚

肝臓が熱を作る

身体を温めたり、血液循環に作用する食べ物を摂取することにより、冷え症状を改善させられる魅力があります。特に冷え症は、肝臓が弱まっている体質でも引き起こるケースが挙げられており、食べた物は代謝されることによって体内で使えるエネルギーに変換され、免疫成分を分泌したり、各器官に必要な形に作り変えるなどの熱エネルギーを生み出してくれています。肝臓がエネルギー源として働くことによって、自然と冷え症も緩和できる特徴が挙げられています。そのため、たんぱく質やオルニチンなどのしじみを積極的に摂取することが望ましく、身体を温めるためのたんぱく質としては納豆が最適で、血行促進となるビタミンEも含まれています。またホットワインはポリフェノールの力で血行が促され、温かい飲み物は芯から冷えを改善させられます。

たんぱく質の重要性

肩こりや頭痛などは冷え症からも招くことがあり、慢性化することでストレスや冷えて眠れないなどの不眠までも招きやすくなります。冷え症では、健康食品から体質改善を図ることも可能で、たんぱく質を上手く摂取することがポイントです。特に女性に多い症状と言われており、自律神経の乱れによって体温調整機能が鈍くなり、結果的に冷え症に陥りやすくなります。さらに女性の場合には筋肉を作るためのたんぱく質の摂取量も少なく、エネルギーを生み出す力が弱く、熱を発生しにくいために冷えを生み出しています。また、たんぱく質は体温の維持にも直結しているため、健康食品から摂取することがポイントです。特に良質なたんぱく質として、脂質の少ない豆腐などの大豆製品やDHAなどの身体に良い脂質を含む青魚などを、温かい調理や機能補助食品から摂取するテクニックで改善させられます。