エストロゲンを増やす方法で美貌をゲット|体の中から健康改善

肝臓や脳に必要な成分

メディシン

お酒を飲まない人にも大切

オルニチンは肝臓にとってたいへん重要な成分です。オルニチンのことを、単にお酒が好きな人にとって必要な健康成分と誤解している人もいますが、実はすべての人にとって大切な成分なのです。というのも、肝臓にはオルニチン回路というものが存在しています。この回路によって、肝臓はアンモニアを解毒して害のない成分に変えているのです。アンモニアの解毒ができないと尿毒症になる危険があるので、オルニチンが不足しないようにする必要があります。オルニチンが十分に存在していれば、この回路は活発に働くことができます。そうするとアンモニアの分解がスムーズにできるので、尿毒症を防ぐということだけでなく疲労回復の面でも役に立ちます。

エネルギー生産にも一役

私たちが食べ物から摂取した糖質や脂質は、細胞の中にあるミトコンドリアによってエネルギーへと変換されています。ところがアンモニアの量が多すぎると、このミトコンドリアによるエネルギー代謝が妨げられてしまいます。したがってオルニチンは肝臓の健康のためだけでなく、生きていくためのエネルギーを生み出すためにもなくてはならない成分なのです。オルニチンを補給することで、元気に活動するためのエネルギーを十分に作り出すことができます。もちろん、お酒好きな人にとってオルニチンはさらに重要な役割を果たす成分であるといえます。お酒を飲むと脳を疲労させる物質が産生されますが、オルニチンの働きでアンモニアが分解されれば、この物質も減少されるという仕組みがあるのです。このことが周知されれば、オルニチンをもっと積極的に摂ろうと考える人はさらに増えていくでしょう。